ゴルフ用語

2014.05.02

スウィートスポット

 フェースには、「スウィートスポット(sweet spot)」と呼ばれる“点”がある。これは、いわゆる“芯”のこと。「芯を食う」という表現があるように、スウィートスポットで打つと、インパクトでのエネルギー効率が最大になり、結果としてボールを遠くに飛ばすことができる。

 スウィートスポットは、ヘッド内部にある重心点からフェースへ伸びる垂線が、フェースと交わるところにある。ドライバーでは概ねフェースの真ん中、アイアンの場合はフェース下部になる。スウィートスポットの位置を簡単に知るには、フェースを上に向けて、上からポンポンとボールをぶつけてみるといい。クラブを保持しているほうの手に伝わる衝撃が、いちばん小さくなるところが、そのクラブのスウィートスポットである。

 ちなみに、スウィートスポットは面積を持たない“点”であるので、「スウィートスポットが広い」という表現は間違いである。ある程度、打点がぶれても打球が真っすぐ飛んでやさしい、という意味で使うなら、「スウィートエリアが広い」というべきであろう。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー