ゴルフ用語

2014.03.20

サンドブラスト

 ゴルフクラブのフェース部分(主にアイアン)のつや消し処理は、「サンドブラスト(sandblasting)」という加工法を用いているのが普通だ。これは、細かい砂状の研磨材(sand)を、強い風圧によって吹き付ける(blast)もので、表面に細かい傷がつくためにつや消しとなる。本来、船舶などの錆びとりに使われていた技術の転用である。

 フェースをつや消し加工するのは、主に太陽光の反射を防ぐためと、打球部位を視覚的に認識しやすくするためである。

 ちなみに、サンドブラスター(サンドブラストを行う機械)を置いているゴルフ工房は割と多い。例えば、ミラー加工されているドライバーのフェース面を、サンドブラストでつや消しに加工する作業は、ものの数分で終了する。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー