ゴルフ用語

2007.09.14

レダン

 レダン(redan)、またはレダンホール(a redan hole)と呼ばれる、ホールのレイアウトがある。パー3で、グリーンの横幅が奥行より長く、グリーンがティグラウンドに対して斜めにレイアウトされているホールが、レダンである。厳密にはグリーンの左サイドのほうが、右サイドよりも遠くなるようにレイアウトされていて、グリーンの中間部分と手前がバンカーなどでガードされているのが特徴。グリーンは奥から手前、プラス右から左(左奥が遠い場合)に傾斜している。

 マスターズトーナメントが開かれる、米・ジョージア州のオーガスタナショナルGC後半の難ホール、12番パー3が、恐らく最も有名なレダンの例のひとつだろう。このレイアウトは、ピンがどの位置にあっても前後の幅が狭く、なおかつ手前がハザードによってガードされているため、常に正確な距離感を要求される優れたレイアウト。それゆえ、これまで全世界で最もコピーされてきたホール形状といわれている。

 ちなみに、本家本元の「レダン」は、スコットランドにある。ノースベリック・ゴルフリンクスの15番、パー3がこのレイアウトの原型。そして、このホールについている名称が「レダン」なのである。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー