ゴルフ用語

2014.09.26

リランキング

男女ツアーともに、シード選手以外の出場順位は、前年に行われる予選会(クオリファイングトーナメント。通称QT)によって決まるが、男子ツアーの場合はシーズン途中に2回、「リランキング(re-ranking)」によって、その順位が変動する。

リランキングとは、ツアートーナメントで獲得した賞金額をもとに、予選会順位を入れ替えること。1回目は開幕戦の「インドネシアPGA選手権」から7月上旬開催の「セガサミーカップ」までの成績順、2回目は同じく開幕戦から9月下旬開催の「ANAオープン」までの成績順に、出場順位が入れ替わる。今シーズン(2014年)は、すでに2回のリランキングが終了し、シーズン最終盤の出場順位が決まっている。

リランキング制度があることで、予選会で上位になっても、ツアー序盤で活躍できなければシーズン後半の出場権を失うし、逆に予選会順位が低くても、数少ない出場機会をとらえて本戦で上位に進出すれば、後半はもっと出場できる可能性が増えるということになる。リランキングの主旨は、その時期に勢いのある選手の出場機会を増やすこと。それによって、ギャラリーやファンの関心度を上げ、ツアー全体の活性化を図ろうということだ。

ちなみに、男子ツアーの場合、予選会30位の選手が出場できる試合はわずか10試合程度であるのに対して、女子ツアーは予選会30位ならば、ほぼ全試合に出場できる。男子ツアーは、予選会1位であっても、リランキング制度があることで、全試合出場は確約されていない。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー