ゴルフ用語

2007.10.05

プレジデンツカップ

 今年(2007年)は、「プレジデンツカップ(Presidents Cup)」の開催年である。プレジデンツカップは、アメリカチームと、ヨーロッパを除く世界地域選抜チームによる、男子プロの対抗戦で、隔年開催。同じく隔年開催の「ライダーカップ(Ryder Cup)」(アメリカ対ヨーロッパのチーム対抗戦)と、交互に行われる。

 第1回大会は1994年で、当初は偶数年度開催だったが、2001年に「9・11」同時多発テロの影響でライダーカップが中止となり、双方のスケジュールが1年ずつ先送りになった。したがって、2003年の第5回大会からは、奇数年度に開催されている。

 対戦形式はチーム12名によるマッチプレーで、最初の3日間はダブルス(初日がフォーサム、2日目がフォーボール、3日目は午前フォーサム、午後フォーボール※)で、最終日はシングルスとなる。勝ち(1ポイント)か引き分け(0.5ポイント)でポイントが入り、チームのトータルで勝敗が決まる。今年の第7回大会は、19.5対14.5ポイントでアメリカが勝ち、5回目の勝利(1敗1分)をつかんだ。

ちなみに、日本人プレーヤーは過去、渡辺司(1994)、尾崎将司(1996)、尾崎直道(1998)、丸山茂樹(1998、2000)の4人だけが参加。とくに丸山は、インターナショナルチームが唯一勝利した1998年の第3回大会で、ダブルス2試合とシングルス1試合のすべてに勝ち、チームに大きく貢献した。

※フォーサム:チームの2人が1つのボールを交互にプレー
フォーボール:チームの2人がそれぞれ1つのボールをプレーし、少ないほうのスコアをチームのスコアとする

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー