ゴルフ用語

2007.08.03

ピン・ハイ

 「ピン・ハイ(pin high)」というフレーズがある。これはセカンドショット(パー4の場合)を、ピンより「奥」につけた状態、ではない。正しくは、カップとほとんど「横並び」の状態、つまり距離的にショートでもなくオーバーでもない、ぴったりのショットを指す言葉である。「ハイ(high)」=「高い」、つまりは「奥」という連想からか、日本では誤用されていることが多いようである。

 グリーンの横にボールがこぼれて、その人が「うわっ、グリーン外しちゃった」と叫んだ場合。なぐさめの言葉として、「いや、とりあえず距離は合ってたよ」というふうに答えたりすることはよくある。これが、「いや、少なくともピンハイだったよ」となっても、意味はまったく同じということである。

 ちなみに、先の会話を英語にすると、
Darn it! I missed the green!
Well, at least you're PIN HIGH.
 となる。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー