ゴルフ用語

2015.02.13

パーク&ライド

ゴルフと車は切っても切れない関係だが、プレーの際、同じ組の4人がそれぞれ1台ずつの車でコースに向かうとしたら、非効率・不経済極まりない話。そこで、「パーク&ライド(park & ride)」を利用するのがおすすめだ。

「パーク&ライド」とは、文字通り、車を停めて(park)、他の車に乗り込む(ride)ということ。高速のインターチェンジ近くの駐車場などで待ち合わせて、そこからは誰かひとりの車に全員で乗り合わせてコースに向かう。あるいは、待ち合わせ後、公共交通機関とクラブバスを利用してコースに向かうことを指す。

関東では、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を海上の橋で結ぶ、東京湾アクアラインの途中にあるサービスエリア「海ほたる」での、パーク&ライドが、ゴルファーの間では人気だ。「海ほたる」は、エリアの中に入ると、その後、どちらの方面にも出車することができ、いちいちインターを降りる手間が省けるからである。

ちなみに、パーク&ライドの本来の意味は、都市部へのマイカー乗り入れ台数を軽減するため、近郊に広大な駐車場を設け、そこからバスなどで人だけを輸送するシステムのことである。欧米、特にアメリカの大都市では一般的だが、日本ではまだまだその数は少ない。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー