ゴルフ用語

2014.02.21

明治の大砲

上級者のフィニッシュは、左足の真上に上体があって、バランスがよく、少しもぐらぐらしない。これに対して、右足に体重の大部分を残したまま、振り抜こうとすると、クラブを振り切れないばかりか、フィニッシュでバランスを崩してしまう。俗に言う、「明治の大砲(too much weight on the right at the finish)」である。

 明治維新が成り、維新軍が使用した大砲は、砲身の下側が重く、必ず砲口が上向きになるようにできていた。体重が右足に残って、下からカチ上げるように打つ姿は、確かに、明治の大砲のようではある。

 右足に体重が残るいちばんの理由は、切り返しで左足へのウェートシフトが上手く行われないこと。いわゆる「下半身リード」でダウンスウィングできれば、明治の大砲にはなりにくい。

 ちなみに、フィニッシュでは、ほぼ100%左足体重になるとはいえ、インパクトの瞬間までは必ず、体の右サイドのほうに多く重心が残っていなければならない。そうでなければ、振り出すクラブと引っ張り合う力が弱まるため、ヘッドを速く、力強く振ることはできないのである。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー