ゴルフ用語

2007.05.24

ルースインペディメント

 ルースインペディメントの定義とその処置に関するルールは、ラウンド中、頻繁に遭遇するので、必ず覚えておきたい項目のひとつ(ゴルフ規則第3章・規則23)。ルースインペディメント(loose impediment)の「インペディメント」は、「障害物」という意味。「ルース」は、「ルーズ」と誤用されて、「ゆるい」という意味で使われるが、この場合は「ばらばらの(あるものから遊離した)」という意味で、つなげると「ばらばらの障害物」となる。

 ルール上は、石や葉っぱ、木の枝などの「固定されていない」自然物を指す。従って、同じ自然物でも地面に固く食い込んでいたり、根があって成長しているものはルースインペディメントではない。また、グリーン上と、それ以外の場所で定義されるルースインペディメントは異なる(※参照)。

 ルースインペディメントは、いかなる場合も無罰で取り除くことができるが、取り除いたことによってボールが動いてしまった場合は1打罰(グリーン上では無罰)。ボールは元の場所に戻して(リプレース)プレーしなくてはならない。

 また、ボールと同じハザード内のルースインペディメントに触れると、2打罰となる。ちなみに、昨年の全米女子オープンでは、アメリカのミシェル・ウィがこのルールに抵触。バンカーショットの際、テークバックでクラブヘッドがボールの後ろにあった木の枝に触れたということで、2打罰を受けている。

 ※
 ルースインペディメント
  ・石、木の葉、木の枝など
  ・動物の糞
  ・虫類およびその放出物や堆積物
  ・砂とばらばらの土(グリーン上のみ)

 ルースインペディメントではない
  ・固定されているもの、生長しているもの
  ・地面に固くくい込んでいるもの
  ・球に付着しているもの
  ・砂とばらばらの土(グリーン上以外の場所)
  ・露と霜

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

ゴルフ規則関連用語
ハリントンルール - ビデオ映像による失格から生まれた言葉
誤球 - ボールを間違えてしまったら…
高速道路 - ボールが裂けたり、変形してしまったら…
2度打ち - 2回打ってしまったら…
局外者 - ギャラリーがボールを蹴ってしまったら…

ゴルフルールに関する教訓
“大本命”のタイガー・ウッズはルールミスで涙を飲んだ……。 - 僕のマグノリアレーン【第113回】
「ゴルフ規則は自由の拘束ではない」 - バーナード・ダーウィン
「いかなる規則も、精神がなければ用語上の混乱に陥る」 - ジョセフ・ダイ
「大切なことは、いかにプレーされたかということ」 - ジョン・ロー

運営会社 | プライバシーポリシー