ゴルフ用語

2014.03.07

ワンオンチャレンジ

 最近、イベントとして「ワンオンチャレンジ(hit-the-green challenge)」を実施しているコースが増えている。これは、特定のパー3で、参加費を払って挑戦し、ワンオンに成功すれば、抽選でいろいろな賞品がもらえるというもの。1等の賞品は、最新のゴルフクラブや、温泉旅行、高級食材の詰め合わせなど、非常に豪華なものを用意しているケースも多い。

 こうしたイベントは、ほとんどがイベント会社に委託して行われているため、賞品内容が画一的になりやすい。ただ、どのコースもできるだけコースの独自色や、地域性を出そうと努力はしているようだ。

 また、同じ「ワンオンチャレンジ」でも、プロトーナメントやテレビマッチのプロアマなどで行われる場合は、チャリティを目的としていることが多い。つまり、ワンオンに成功しても賞品はないが(ニアピンコンテストも同時に行われ、ニアピンをとった人が賞品をもらうことが多い)、ワンオンさせることができなかった場合は、罰金(募金)が徴収されるというものである。

 ちなみに、パー3でワンオンさせる最大のコツは、ピンの位置に関係なく、グリーンのセンターを狙うことである。パー3は設計上、グリーン周りにワナ(バンカーや深いラフ、傾斜など)が多く、ピンをデッドに狙うことより、安全にグリーンに乗せることのほうが、バーディやパーにつながりやすいのだ。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー