ゴルフ用語

2014.06.20

グラスフェーストバンカー

バンカーの種類は4つあるが、砂面が概ね平らで周囲の斜面が芝に覆われているものは「グラスフェーストバンカー(grassfaced bunker)」と呼ばれている(その他の3種類は、サンドフェーストバンカー、ソッドウォールバンカーバルクヘッドバンカー)。

サンドフェーストバンカーは、周囲の斜面に陰影ができやすく、見た目に美しいので、装飾的な意味合いで設計されることも多い。グリーンサイドよりも、フェアウェイサイドに配置されるケースが多い。

ちなみに、バンカーはホールを構成するパーツの中でも、造成費用が安いので(200㎡でおよそ25~30万円。グリーンは1面約1000万円)、設計家が自分の“色”を出す道具としての役割も果たしている。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー