ゴルフ用語

2007.06.12

グランドスラム

 グランドスラム(grand slam)とは、4つあるメジャートーナメントを、1シーズンの間にすべて勝つことをいう。また、キャリアグランドスラム(career grand slam)は、現役の間に、4つのメジャーを少なくとも1つずつ勝つことである。

 男子で、キャリアグランドスラムを達成したプロはわずかに5人。ジーン・サラゼン(1935年)、ベン・ホーガン(1951年)、ゲーリー・プレーヤー(1965年)、ジャック・二クラス(1966年)、そして、タイガー・ウッズ(2000年)である。

 このうち、二クラスはそれぞれのメジャーに3回以上勝っているので、トリプルグランドスラムと呼ばれ、ウッズはそれぞれに2回以上勝っているので、ダブルグランドスラムと呼ばれる。

女子のキャリアグランドスラム達成者は6人。ルイーズ・サッグズ(1957年)、ミッキー・ライト(1962年)、パット・ブラッドリー(1986年)、ジュリー・インクスター(1999年)、カリー・ウェブ(2001年)、それに、アニカ・ソレンスタム(2003年)である。

ちなみに、男子でグランドスラム(年間)を達成したプロはまだいないが(ボビー・ジョーンズはアマチュアとして、1930年に全米、全英の両オープンとアマに勝った)、女子はベーブ・ザハリアスと、サンドラ・ヘイニーの2人が偉業を達成している。ただし、ザハリアスは1950年、全米女子オープン、タイトルホルダー選手権、ウェスタンオープンの3つがメジャーとされていた時の記録。ヘイニーは1974年、全米女子オープンと全米女子プロ選手権の2つだけがメジャーだった時の記録である。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー