ゴルフ用語

2007.07.03

ディンプル

 ディンプル(dimples)は、ボールの表面を覆うくぼみのこと。英語のもともとの意味は「えくぼ」である。

 ディンプルは一つ一つのくぼみの形状や深さ、ボール表面における配列(ディンプルパターン)によって、空中における空力特性が変化し、弾道や飛距離に大きな影響を及ぼす。従って、ボールメーカーは素材や製法と同様に、ディンプル(及びディンプルパターン)の研究に余念がない。

 ちなみに、ボールにディンプルが付けられるようになったのは、19世紀後半のこと。1845年頃に、天然ゴムの一種であるガッタパーチャで作られたボールが発明されたが、当初は表面がつるつるでくぼみはまったくなかった。ところが、使っているうちにボールの表面が傷つくと、むしろ飛距離が伸びることがわかり、その後、表面をハンマーで叩いてわざと傷をつけたボールが発売される。これが、ディンプルの始まりである。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー