ゴルフ用語

2013.01.25

高速道路

 ゴルフとクルマは関わりが深いが、そのせいかどうか、プレー中にもクルマに関係する用語が飛び交うこともある。例えば、「高速道路(a shot bounced on cart-path)」がそれ。

 これは、ティショットが舗装されたカート道路で大きく跳ね、結果的に大きく飛距離を稼ぐこと。あるいは、ボールがカート道路に上手く乗って、コンコン、コロコロと先に進んでいく様子を表したもの。ボールをクルマに例えた比喩ということだ。狙ってできることではないが、飛距離を稼ぐにはこれ以上ない方法。唯一の難点は、ボールが著しく傷ついてしまうことか。

 ちなみに、カート道路などに当たってボールが裂けたり、変形したりした場合は、「プレーに適さない球」として、別のボールに取り替えることができる(ゴルフ規則5-3)。ただし、その際はマーカーか同伴競技者にその旨を伝え、ボールの状態を一緒に調べることが前提。表面の傷や、ペイントが剥がれた程度では、「プレーに適さない球」とはならない。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

ゴルフ規則関連用語
ルースインペディメント - 障害物とその処置について
誤球 - ボールを間違えてしまったら…
ハリントンルール - ビデオ映像による失格から生まれた言葉
2度打ち - 2回打ってしまったら…
局外者 - ギャラリーがボールを蹴ってしまったら…

ゴルフルールに関する教訓
“大本命”のタイガー・ウッズはルールミスで涙を飲んだ……。 - 僕のマグノリアレーン【第113回】
「ゴルフ規則は自由の拘束ではない」 - バーナード・ダーウィン
「いかなる規則も、精神がなければ用語上の混乱に陥る」 - ジョセフ・ダイ
「大切なことは、いかにプレーされたかということ」 - ジョン・ロー

運営会社 | プライバシーポリシー