ゴルフ用語

2014.04.04

ビバレッジカート

 日本のゴルフ場は、アウト、インともに、コースの途中に売店があり、飲み物や軽食などが買えるようになっているのが普通だが、海外では、売店の無いコースのほうが一般的だ。そこで、飲み物などは、コースを巡回する「ビバレッジカート(beverage cart)」で買うことになる。ビバレッジカートは、要するに移動販売車のこと。ソフトドリンクやビールのほかに、ホットドッグやサンドイッチなどの軽食、スナック菓子なども積んでいることが多い。

 海外のコースで、売店がない理由は、コスト(電気代や水道代などのランニングコストや、スタッフの人件費など)がかかるから。日本でもコスト削減のために、既存の売店を通年、営業停止にしているところも多くなってきた(自動販売機のみの営業など)。また、売店を廃止して、ビバレッジカートを導入するコースも少しずつ増えている。

 ちなみに、海外では、夏場の湿度が日本よりはるかに低い地域があり、そういう場所では水分の補給に気を使わなければならない。汗をかいてもすぐに乾いてしまうので、日本の夏のようにシャツがベタベタにならず、「汗をかいていない」と錯覚するからだ。ビバレッジカートが巡回してきたら、(カートは次にいつ巡ってくるかわからないため)多めに飲み物を購入して、こまめに水分補給し、脱水症状に陥らないように注意したい。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー