ゴルフ用語

2014.02.28

バロット

 世界で最も有名なコースのひとつである、イギリスのセントアンドリュース・オールドコースは、世界中からプレー希望者が殺到するため、当然、スタート枠を確保するのが難しい。そこで、プレーヤーが「バロット(ballot)」、つまり抽選に参加するというのが、通例となっている。

 セントアンドリュース・オールドコースのバロットは、プレー希望日前日の午後2時までに、現地で申し込み、抽選によってスタート枠を配分する仕組み。抽選の結果は、午後4時までにホームページにアップされる。バロットによって割り当てられるスタート枠は、メンバー枠、事前予約枠、コンペ枠以外の空き枠ということなので、あまり多くはない。6月~9月のピークシーズンには、やはり、かなりの倍率になり、なかなか当選するのは難しいという。

 ちなみに、バロットに外れても、当日の朝からウェイティング(空き枠待ち)をするという手もある。先着順のため、ピークシーズンには朝4時からプレーヤーが待機しているというが、それでも必ずプレーできるとは限らない。こればかりは、ゴルフのプレー同様、運も必要なようである。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー