ゴルフ用語

2013.10.11

バーチカル

 コースの芝、特にグリーンの芝を健全に育成するためには、特別な作業が要る。「バーチカル(vertical cut)」もそのひとつだ。

"vertical"というのは、「垂直」という意味。つまり、バーチカルは特殊な機械を用いて、芝面に対して垂直方向に切り込みを入れる(と同時に深部の砂と芝の堆積物を取り除く)こと。芝は、時間が経つと根の密集度が上がり、それにより水の透過性が悪くなり、栄養分の吸収も悪くなる。バーチカルは、伸びすぎた根を切り、新しい根の再生を促して、芝の生育活性を上げるのが目的だ。この作業は、通常、春と秋の2回行われる。

 バーチカル後には、掻き出された砂と芝の堆積物で芝表面が覆われてしまうので、(スイーパーという機械で)これを取り除く作業が必須となる。

 ちなみに、同様の作業に「エアレーション」があるが、こちらは円筒状の刃を地面に突き刺し、砂と堆積物を抜き取るもので、別名「コアリング(coring)」と呼ばれる。作業の意味合いはほとんど同じだが、使う機械と仕上がり状態が異なるので、区別されている。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー