ゴルフ用語

2013.08.30

ピン筋

 ピンに向かって真っすぐの方向を、「ピン筋(straight to the pin)」と言う。これは、テレビのトーナメント中継でもよく使われる表現で、例えばラウンドレポーターが、「○○プロのショットはピン筋です」と言ったら、それは真っすぐピン方向に飛んでいるナイスショットだということだ。

 ただし、何でもかんでも「ピン筋」に飛べばいいというものではない。上級者が「ピン筋」で狙うのは、基本的にはショートアイアンで打つ場合のみ。ミドルアイアン以上で打つ場合は、カップとボールを結ぶライン上にバンカーや池などの障害物がなく、グリーンエッジからカップまでの比較的距離がある場合に限られる。もちろん、タイガー・ウッズのように、ロングアイアンでもボールを止められるパワーと技術があれば話は別だが……。

 ちなみに、「スジってる」という表現もあり、これは、「ピン筋にボールが飛んでいる」という、途中経過を表している。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

・「しっかりとピン筋に飛んでいる証拠ですからね。」 - コンパクトスウィングで飛距離アップ!?(僕のマグノリアレーン)
・真のナイスショットとは? - バイロン・ネルソンの名言(名手・達人の言葉)
・「超緊張状態の方がナイスショットが出るんです!」 - 原久美子さんインタビュー(マイセレクション)

運営会社 | プライバシーポリシー