ゴルフ用語

2013.08.23

大波賞

「大波賞(play 9 holes good, and 9 holes bad)」とは、片方のハーフはいいスコアだったのに、もう片方のハーフではひどいスコアだったということ。例えば、「前半36なのに後半50なんて。大波賞だ」というふうに使う。

 これは、コンペのお楽しみ賞として定着しているものが、一般化されたもの。参加者の中で前半と後半のスコアの差が最も大きい人が「大波賞」。反対に最も差が小さい人は「小波賞」である。

 ちなみに、「大波賞」は決して悪いことではない。片方のスコアがいいということは、もう片方のスコアもよくなる可能性があるということ。同じ90のスコアでも、35、55を出せる人のほうが、45、45の人よりもスコアの延びしろがあるという考え方である。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

スコアのうちわけ、考えてますか?(僕のマグノリアレーン) - スコアをショットとパットに分けて 分析すると課題が見えてくる!
・ゴルフ上達に必要なこととは? - 鍋島直泰の名言(名手達人の言葉)
上手いゴルファーより強いゴルファーになれ(名手達人の言葉) - 「小さくまとまるな」ジャンボ尾崎から石川遼へのエール。
・コンペの形式は:オネストジョンペリア方式 

運営会社 | プライバシーポリシー