ゴルフ用語

2013.05.24

アーリーリリース

 アマチュアの飛距離不足の原因は様々あるが、「アーリーリリース(early release)」はその代表格と言える。

 「リリース」というのは、ダウンスウィングで、曲がった(右)手首を伸ばす動作のこと。このタイミングがダウンスウィングの後半にあるほど、手首の「タメ」がキープされているということになり、最終的に鋭くヘッドを走らせることができる。初・中級者には、このタイミングが早すぎる(アーリーリリース)人が多いので、効率的にヘッドを走らせることができず、それによって飛距離が減衰してしまうのだ。

 アーリーリリースの原因は、腕に力が入りすぎていることや、下半身を上手く使えていないことなどが挙げられる。結局、スウィング全体のバランスを整えることがいちばん大事。手首の角度だけに意識を集中しても、アーリーリリースは克服できないのである。

 ちなみに、インパクトの瞬間には、右手首や右ひじがまだ曲がっている(リリースが完了していない)のが正解。曲がった状態で当てて、そこから伸ばしていくことでさらにボールに力が加わるということ。完全に伸び切った状態で当てようとすると、上体が伸び上がり、ミート率も方向性も悪くなってしまう。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー