ゴルフ用語

2013.05.10

キャスティング

 プロや上級者のスウィングは、切り返しからダウンスウィングにかけて、左腕とシャフトの角度が保たれたままクラブが下りてくるのに対して、初心者は切り返し直後にいきなりこの角度を喪失してしまう場合が多い。これは、「キャスティング(casting)」と呼ばれる、よくない動作を行ってしまった結果である。

「キャスティング」というのは、本来、釣りの用語で、竿を振って針を水面に投げ入れる動作を表している。ゴルフにおけるキャスティングは、切り返し直後に手首を伸ばし、ちょうど竿を振るのと同じように、ヘッドを振り出してしまう動作のことだ。ダウンスウィングでは、できるだけ(右)手首が伸びるタイミングを遅らせたほうが、飛距離的にもクラブコントロール的にも有利となる。早い段階で手首が伸びてしまうと、それだけ早くヘッドが落下するため、エネルギーロスとなるばかりか、ダフリの危険性も高まることになる。

 ちなみに、腕とシャフトの角度を保つことによる、インパクトエネルギーへの貢献度は、あるデータでは70%を越えるとされている(残りの30%弱は下半身、腕の振り、クラブ自体の重さなど)。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー