ゴルフ用語

2013.05.02

コック

テークバックの過程で、手首を曲げることを「コック(cock one's wrists)」という。

コックのタイミングに注目すると、スウィングのタイプを2つに分類することができる。スウィングのスタートから積極的にコックを使う「アーリーコック」のスウィングと、テークバックの後半までできるだけコックを抑えて上げていく「レートコック」のスウィングである。アベレージゴルファーは、手首を使いすぎている(それにより体のターンがおろそかになっている)ことが多いので、一般的にはレートコックのスウィングが推奨される。ただし、レートコックは、コックするタイミングを遅くする(それによって上体のねん転を促す)というだけで、手首を「まったく曲げずに打つ」ということではない。

ちなみに、コックは左手首を甲側と手のひら側のどちらに曲げるかでも2種類に分けられる。一般的に、甲側に曲げると、トップでフェースが開くのでスライスになりやすい(スライスが打ちやすい)。逆に、手のひら側に曲げるのは、トップでフェースが閉じるのでフックになりやすい(フックが打ちやすい)。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー