ゴルフ用語

2012.07.06

リーダーボード

 野球で得点経過が表示されるのはスコアボード。ゴルフでスコアボードに相当するものは、「リーダーボード(leader board)」と呼ばれている。ゴルフの競技が開催される場合、アテスト小屋かクラブハウスの周辺に、手書きのリーダーボードが設置されるのが通例だ。ホールアウトした順に、各プレーヤーのスコアが掲示され、その時点での順位がわかる。

 プロトーナメントの場合は、18番ホールのグリーンそばに、大型のリーダーボードが設置されることが多い。これには、ホールアウトしたプレーヤーだけでなく、プレー中のプレーヤーも含めた、リアルタイムの順位が表示される。現在ではそのほとんどが電光掲示式だが、メジャートーナメントのひとつ、マスターズのリーダーボードは、今でも昔ながらのパネル式だ。これは、プレーヤーの名前やスコアの数字のパネルを、そのつど、人の手で交換するもの。掲示の即時性より、トーナメントの伝統を重んじているということである。

 ちなみに、最近では、ゴルフ場のカートに搭載されている多機能端末(GPS画面)に、リーダーボード表示機能がついていることも多い。これは例えば、複数組のコンペで、それぞれの組が端末にスコアを入力すると、成績順に名前が表示されるという機能。他の組の途中経過や、自分の順位がわかるので、コンペが盛り上がると評判のようだ。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー