ゴルフ用語

2012.06.01

芝目

 パットのラインは、主にグリーンの傾斜によって曲がりが左右されるが、それ以外にも曲がり方に影響する要素がある。それが、「芝目(grain)」だ。

 芝の葉や茎というのは、概ね垂直に生えているものの、気象条件や風向き、グリーンの形状、それに機械によるメンテナンスの影響で、いずれかの方向に倒れてしまうことが多い。これが芝目で、芝の倒れているのと同じ方向(順目)にはボールが転がりやすく、逆向き(逆目)にはボールが転がりにくくなる。曲がるラインならば、目の向いている方向により曲がりやすくなるため、パットのラインを正確に読むには、芝目を十分に考慮することが必要だ。

 芝目は、水と風、それに人の流れの方向にできやすい。芝目を読むなら、まずは、雨が降って水が流れていく方向を想像すること。それに加えて、グリーン上を吹きぬける風の向き、次のホールへ向かう人の導線に注意するといい。光が当たると、順目は光って白っぽく見え、逆目は緑が濃く見えるので、それも判断材料になるだろう。

 また、芝目は芝が長いほど強く出やすいので、午前中より、午後のほうが芝が伸びて、芝目の影響を受けやすいということを頭に入れておきたい。

 ちなみに、ベントグリーンの場合、芝の葉茎が細く、密集度が高いほど、芝目はできにくくなる。最近では、芝目のできにくいグリーンがいいグリーンとされる傾向にあるので、芝の密集度を上げるメンテナンスを行ったり、より密集度の高い芝種に切り替えるなどの対応をしているコースが増えている。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー