ゴルフ用語

2012.04.20

フォワードプレス

 体を動かしながらボールを待つ、テニスや野球などと違い、ゴルフのテークバックは静から動への移り変わり。これが、ゴルフの難しいところのひとつである。テークバックをスムーズにスタートさせる方法はいろいろあるが、「フォワードプレス(forward press)」もそのひとつだ。

 フォワードプレスは、テークバックをスタートさせるきっかけ動作として、手や体を目標方向へ押し出す動きのこと。押し出したものを元に戻す反動を利用して、そのままクラブを上げていくことで、力まず自然にスウィングをスタートさせられる。

 フォワードプレスは、プロや上級者にもよく見られる動きで、特にパッティングの時に意識的、あるいは無意識にしているプレーヤーが多い。ショートパットは、体をぶらさずに小さくヘッドを振ることが求められるので、プレッシャーがかかると手が動かなくなる。小さくフォワードプレスをすることで、プレッシャーがかかっても、上手くストロークできることが多いようだ。

 ちなみに、フォワードプレスをした状態は、いわゆるハンドファーストの状態になるので、インパクトのイメージを最初に頭にインプットする効果もあり、スウィングそのものにもいい影響が出やすい。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー