ゴルフ用語

2012.03.16

インテンショナルショット

 ゴルフをはじめてすぐの頃には、どうしたら真っすぐなボールが打てるものかと、日々、試行錯誤を繰り返すもの。しかし、上級者になればなるほど、わざとボールを曲げる技術、つまり「インテンショナルショット(working the ball)」がいかに重要かわかってくる。

 インテンショナルにボールを曲げるというと(intentionalは「意図的な」の意)、目の前に障害物があって真っすぐ狙えない時など、“やむを得ず”使う技術と初心者は考えがちだが、インテンショナルショットの用途はそれだけではない。例えば、右にOBのあるホールでは、フェアウェイの右端を狙ってフックするボールを打てば、高確率でOBを回避できる。あるいは、ピンがグリーンの右端にある場合、グリーンのセンターからスライスする球で狙えば、安全にグリーンをとらえつつ、カップに近づけることができる(この場合、グリーン右サイドからフックで狙うと、万が一フックがかからなかった場合はグリーンを外してしまうので得策ではない)。インテンショナルショットを使いこなすことで、時に無用なリスクを回避し、時には積極果敢にバーディを狙うこともできるというわけだ。

 また、フックボールは飛距離が出やすく、スライスボールは飛距離が落ちやすいことを利用して、インテンショナルショットで微妙な距離のコントロールをすることもある。

 ちなみに、インテンショナルショットの打ち方(メカニズム)自体は極めてシンプル。ボールを打ち出したい方向に向かってスタンスをとり、フェースを最終的に狙いたい場所に向けて構える。後は、普段と同じスウィングをすればいい。ただし、思った通りの弾道を必要な時に確実に打つとなると、相応の技術(スウィングの再現性の高さ)と練習量が必要なことは、いうまでもない。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー