ゴルフ用語

2011.08.19

チョークダウン

 グリップを短く持つことを、「チョークダウン(choke down)」、または「グリップダウン(grip down)」というが、ミート率をアップしたり、方向性をよくしたりするという点において、これほど効果のある方法はない。

 いつもグリップエンドギリギリまで、クラブを長く持っている人は、ぜひ一度、1インチ程度チョークダウンしてプレーしてみてほしい。クラブ操作が劇的にやさしくなることに驚くはずだ。

 ただし、チョークダウンする長さは1インチから長くても1.5インチまでにしたほうがいい。あまり短く持ちすぎると、スウィングウェートが変わりすぎるので(軽く感じる)、まったく違うクラブを振っているような感覚になり、スウィングを乱す可能性がある。

 ちなみに、低いボールを打ちたいと思ったら、番手をひとつかふたつ上げてチョークダウンし、「軽く」打つというのが効果的だ。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー