ゴルフ用語

2011.05.27

マンデー

 プロトーナメントに出場するには、前年度のツアーで獲得賞金額上位に入り、シード権を獲得する必要がある(日本男子ツアーは70位まで、女子ツアーは50位までに翌年のシード権が与えられる)。シード権のない選手は、QT(クオリファイイングトーナメント)に出場して上位に入るか(本戦に欠場者が出るとQTの上位者から順に出場権が得られる)、スポンサーの推薦を得られれば出場できるが、そうでない場合は「マンデー(monday qualifier)」と呼ばれる予選会に出て、本戦出場を目指すことになる。

 マンデー(あるいはマンデートーナメント)は、伝統的にその試合のある週の月曜日に行われることからそう呼ばれるが、現在ではそれよりもっと前に行われることも多い。マンデーに参加した中から本戦に進めるのは、通常、上位1人~3人程度。かなり狭き門ではある。

 先日、石川遼が世界ランキング50位以内(5月23日付)の資格で、全米オープン(2011年6月16日~19日)出場を決めたが、全米オープンのマンデー、つまり地区最終予選会が5月23日月曜日に茨城県の茨城GCで行われ、トップの久保谷健一を含む上位4人が本戦出場権を得た。

 ちなみに、本国アメリカの地区最終予選会は6月6日に全国11会場で行われる予定。これには、スペインのセルヒオ・ガルシアも出場する。ガルシアは1999年の全英オープン以来、すべてのメジャーに連続出場中だが、このマンデーを突破できないと、連続出場記録はストップすることになる。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー