ゴルフ用語

2010.11.26

ヒールアップ

 テークバックの際に左足のかかとを地面から浮かせる、つまり「ヒールアップ(heel-up)」すべきかどうかというのは、スウィングの悩みの種のひとつである。

 現在では、「ヒールアップしない」というのがレッスンの主流。確かに、左足かかとを地面につけたままのほうが、上体の上下動が少なくなるし、不必要に軸が左右に動きにくくなるので、スウィングの安定という点ではメリットは大きいといえる。

 しかし、ヒールアップしないで十分な体のねん転を得るには、それなりの柔軟性が必要。特に中高年以上になって体がかたくなってきたら、(飛距離を維持するために)積極的にヒールアップをするべきだというレッスンもよく耳にする。また、柔軟性不足を補うことのほかにも、スウィングのリズムを作る、あるいは上げたかかとを下ろすことで左足への踏み込み動作をスムーズにするなど、ヒールアップのメリットも少なくはない。どちらがいい、悪いということではなく、自分にとってどちらがスウィングしやすいかということが重要だ。

 ちなみに、ヒールアップをする名手の代表といえば、アメリカならジャック・二クラス、日本ならジャンボ尾崎(将司)だろう。どちらも時代を代表する飛ばし屋であり、ショットの正確性においても他を圧倒的に凌駕する存在だった。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー