ゴルフ用語

2009.09.25

アリソンバンカー

 日本では、深いバンカーの代名詞として、「アリソンバンカー(Alison's bunker)」という呼び名が定着している。アリソンバンカーの「アリソン」とは、イギリス人ゴルフコース設計家のチャールズ・ヒュー・アリソンのこと。アリソンは、1930年に来日し、当時建設中だった静岡県の川名ホテルゴルフコース(富士コース)の全面改修を手がけたのち、兵庫県の名門、広野ゴルフコースを設計したことで有名。

 アリソンの設計した川名ホテルGCのバンカーが非常に深く、アゴがせり出していて難しかったこと、また、その後設計された多くのコースでこのバンカーのスタイルが模倣されたことから、敬愛と畏怖を込めて、深いバンカーのことを「アリソンバンカー」と呼ぶようになった。

 ちなみに、「アリソンバンカー」というと、自動的に千葉県の我孫子ゴルフ倶楽部を連想する人も多いが、我孫子GCの設計者はアリソンではなく、赤星六郎。赤星は、アリソンが来日した際、接待役として行動をともにし、設計思想において大きく影響を受けた。従って、我孫子GCのバンカーがアリソンの設計を彷彿とさせるのは当然といえば当然である。我孫子GCは、来週(09年10月2日~5日)開催される日本女子ツアー最大のメジャートーナメント、「日本女子オープン」の開催コースとなっている。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー