ゴルフ用語

2009.06.26

ゴルフ禁止令

「ゴルフ禁止令(the ban on golf)」は、1452年にスコットランドの王・ジェームズ2世によって発令されたもので、現存する最古のゴルフに関する記述として有名。このことが、ゴルフ発祥の地はスコットランドであるという説を強力にバックアップしている。ただ依然として、ゴルフというスポーツがいつ、どこで、どのようにしてはじまったのかについては、明確な答えは出ていないというのが本当のところだ。

 ジェームズ2世がなぜゴルフを禁止したのかというと、ゴルフに熱中しすぎて弓の稽古をサボる家臣が多すぎたから(この時、サッカーも同時に禁止された)である。この禁止令は次の王、ジェームズ3世にも(1471年)、その次の王であるジェームズ4世にも(1491年)追認された。しかし、ジェームズ4世は後に自らがゴルフにはまり、1502年に禁止令を解除している。ゴルフの魅力には、王とて抗えなかったのである。

 ちなみに、ジェームズ4世が、当時スコットランドのパースという町にあった弓の製造店から、ゴルフ用具を調達したという記録も残っている。これが、ゴルフ用具の購入に関する最古の記述である。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー