ゴルフ用語

2009.03.06

word090306

 ハンディキャップ(以下、HC)というシステムのおかげで、ゴルフは幅広い年齢のプレーヤー、技量の異なるプレーヤー同士が同じフィールドで競うことができる。HCを用いたトーナメント(ストロークプレー)では、実際のトータル打数からそのプレーヤーのHCの数字を引いた数が、正式なスコアとなるわけだが、このHC修正後のスコアを「ネット(net)」、あるいは「ネットスコア(net score)」という。

 例えば、HC0の人とHC18の人が対戦した場合、スコアがそれぞれ72、89だとすると、ネットスコアはHC0の人が「72-0=72」、HC18の人は「89-18=71」となり、HC18の人の1ストローク勝ちとなる。

 ちなみに、マッチプレーの場合は、ネットスコアが各ホールごとに算出される。マッチプレーのHCは、ホールの難易度の高い順に、その人のHCと同じ数のホールに1打ずつ与えられる。HC18なら、すべてのホールに1打ずつ。HC19以上なら、各ホール1打+ホール難易度の高い順にさらに1打ずつとなる。あるパー4のスコアが「5」のボギーでも、そのプレーヤーのホールHCが「1」なら、ネットスコアは「4」でパーということだ。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー