ゴルフ用語

2009.01.09

word090109

 プレーヤーは、ショットが(ウォーターハザード外で)紛失したかもしれない場合と、アウトオブバウンズ(OB)かもしれない場合に、罰打を加えて打ち直しとなるべきショットを、あらかじめ同じ場所から打って、その後、初めの球を確認しに行くことができる。この「あらかじめ打つ打ち直し球」のことを「暫定球(provisional ball)」という。

 初めの球が実際に紛失したり、OBだった場合は暫定球がインプレーのボールとなり、打ち直しに戻る時間が省ける。初めのボールがインバウンズで見つかった場合は、初めのボールがインプレーのボールとなり、暫定球は放棄される。

 ちなみに、暫定球をプレーする場合は、必ず同伴競技者かマーカーにその旨を宣言してから行わなくてはならない。宣言せずに暫定球をプレーすると、最初の球を放棄したものとみなされる。また、最初の球があると思われる場所よりグリーンに近い地点にある暫定球に対してストロークした場合、その時点で暫定球がインプレーのボールとなるので、どちらも注意が必要だ。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー