ゴルフ用語

2008.10.31

スコアライン

「スコアライン(groove)」は、クラブのフェースに施された溝のことである。その目的は、インパクトの瞬間にフェースとボールの間に挟まる芝や水滴などを逃がし、ボールの密着度を高めて適正スピンを得ること。特にウェッジでは、一本一本のスコアラインの角を極力鋭角に加工することで、強力なスピン性能を持たせたものが人気だ。

 ちなみに、溝の断面の形には規制があり、よりスピンがかかりやすいとされる「角溝(square groove)」は禁止されている。ルールで認められているのは「U溝(U-groove)」だが、最近その深さや形に関してルール変更が発表された。これは、スピンのかかりすぎを抑制するためである。

ゴルフ用語集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー