My Selection

2013.12.13


シンプルでトラッドなゴルフスタイルが好きです!

多くのファッション誌で活躍するモデルの藤井悠さん。自身のブログを拝見すると「ゴルフ」「コンペ」というタイトルがかなりの頻度で登場するほどのゴルフ好きで、先日は100切りも果たしたとか。今が一番ゴルフが楽しい時期かと思いきや、スコアが伸び悩み、迷路に迷い込んでいるという。トップモデルならではのゴルフウェアへのこだわりとともに、真面目で熱いゴルフ観を訊いた。

初対面の方とのラウンドでも
全然大丈夫です

藤井悠 ゴルフ歴は4~5年くらいになります。きっかけは、周りの友人たちの間でゴルフがちょっと流行り出したっていうのが一つ。もう一つは、とっても可愛いクラブと出会えたってことですね。シャフトがピンクで、ヘッドにラインストーンがあしらわれていて、すごく可愛いクラブでした。その道具と出会えて、「せっかくだしゴルフ始めちゃおう!」って思ったのが大きかったです。今使っているクラブは二代目のプロギア。かなり使い込んでいるので、恥ずかしいんで撮影はNGです(笑)。

 初めてのゴルフは山梨の鳴沢ゴルフ倶楽部でした。秋口のプレーだったんですけど、あいにくの雨でおまけにものすごく寒くて。今考えると、よくゴルフが嫌いにならなかったなって思います(笑)。今は、春と秋を中心に年間20~30ラウンドくらい。一番やったときは月に6ラウンドという記録があります。寒さが大の苦手なので冬場は冬眠。夏は日焼けで線や跡が残るとお仕事に影響しちゃうので、ジッとガマンします。私自身、本当は少し健康的に日焼けしているくらいが好きなんですけどね。

 最初の2年間くらいは、打ちっ放しにいくくらいで、本当にお遊び程度。ラウンドも積極的にっていうよりは、誘っていただいて日程が合えばっていう感じでした。でも、だんだんゴルフ関連のお仕事が増えてきたんです。そういうこともあって、ゴルフをされる知り合いが増えていって、誘っていただく機会もすごく多くなりました。今ではコンペなんかに誘っていただけると、一人でクルマを運転していって参加します。私、初対面の知らない方3人と組み合わせになっても全然平気なタイプです。

理想のゴルファー像は、冷静に、
楽しくラウンド出来る人

 ベストスコアは99です。あんまりストイックにスコアにこだわるほうではないんで、「いつか100切りできたらいいな」くらいに思っていたんですけど、100切り達成の瞬間はものすごくうれしかったです。ただ問題はそこからで、今はまったく100を切れる気がしません。何が課題なのかもわからないくらい迷走しちゃっています。パー3でパーを取って、「よしっ!」って思ったとたんに、次のパー5で10叩くとか。どこがいいとか、どこが悪いかとかもわからない。99を出したときも、何かが上達したとか、得意クラブができたとかじゃなくて、ただ単に調子がよかったとしか言えない(笑)。あまりに進歩がないんで、久々にレッスンに行こうかなと思案中です。
藤井悠
 モデル仲間の中では、押切もえちゃん、相沢紗世ちゃんとは一度だけど、一緒にラウンドしました。よくラウンドするのは、男友達かな。私はまだ上手くないので、ライバルなんておこがましい(笑)。あえて言えば自分がライバルです。

 ゴルフを始めた頃は超オーバースウィングで、周りの人からは、はやされたりもしました。今は、宮里藍プロみたいにゆったり振りたいって思っているんですが、なかなか上手くいきません。コンペなんかで、男性たちに混じってラウンドすることが多いんですが、なるべく迷惑をかけちゃいけないっていうのがあって、クラブを数本持って精一杯走りまわるのが私のプレースタイル(笑)。でも、ボールのところへ行っても「早く打たなきゃ」って焦ったまま、あわてて振っちゃう。それでミスすると、「アーッ」って。せっかちの上に落ち着きがない(笑)。そういう意味では、賞金女王になった森田理香子プロにも憧れます。TVで見ていると淡々とプレーしていて、すごく落ち着いて見えますよね。森田プロみたいに落ち着いた立ち居振る舞いでプレーして、藍ちゃんみたいにゆったりとしたリズムでスウィング。これが私の理想の女子ゴルファー像かも。


次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事


運営会社 | プライバシーポリシー