My Selection

2014.05.15


三枝こころ「“ブルーティ女子”目指してます!」

ラウンド用のウェアは機能性を重視
お洒落はプレー前後の装いでこだわります

三枝こころ 好きな色は水色やネイビーで、ゴルフファッションに多く取り入れています。ピンク系は着ないですね。私服でも寒色系が好きで、あまり暖色系は着ないんです。とはいえ、ゴルフウェアは派手なほうが映えるので、いろいろな色や柄にも挑戦しています。この年齢になると普段ハイビスカス柄とかは絶対に着ないんですけど、ゴルフなら「エイ、ヤッ!」って挑戦します(笑)。

 今、ゴルフウェアで重視するのは機能性です。ゴルフは小物が多いので、それを見栄えよく、かつスウィングの邪魔にならないように収納するのは、すごく大切だと思うんです。私は、レーザーの距離計測器が必須アイテムなので、どこに入れるかがけっこう大事です(笑)。ワンピースだと後ろにポケットがないし、ベルト通しもない。小物入れを付けようにもフックになるものがないんです。前ポケットはボールやティが入っているし、あまり膨らませているとスマートじゃないし、スウィング時に手がぶつかったりするし……。そのせいで、最近よく着るお気に入りウェアがヘビーローテーション気味です(笑)。もし、私がゴルフウェアをデザインできるなら、レーザー計測器を綺麗に入れられるポケットや、小物入れを下げられるフックは必ずつけたいですね。

 本気でスコアを出したいときは、さらに機能性重視です。着脱が楽で、肩が回りやすいウェアがいいですね。コンペとかで、華を添えたいときは、クラブハウスに着ていくウェアで頑張ります(笑)。あと、「なんだか肩が気になるな」っていうときなどは、午前と午後でウェアを着替えることもあります。スコアが悪いときには気分転換にもなるので、ウェアを2着持っていくのはすごくオススメですよ。

モデル業のためのトレーニングが
ゴルフにも活きています

saegusa_04-2  モデルとゴルフの共通点は地味な努力が必要という点だと思います。アプローチ練習とかは、けっこう地味ですよね。モデルのお仕事も撮影は華やかですが、日頃のポージング練習など地味な訓練も欠かせないと思います。大きい動きは普通にできますが、細かい動きや仕草は、けっこう難しいんです。私も、家の鏡の前で地道に練習しています。

 それから、インナーマッスルを鍛える筋トレも欠かせません。モデルは姿勢が命。インナーマッスル次第で、立ち姿にすごく差が出ます。私は腹筋・背筋30回ずつを3セット。これを週2回やっています。一時期、腹筋をやりすぎて、ポージングのときに反り返りすぎるようになって、これはマズいとピラティス風の負荷の少ない筋トレに変えました。筋トレはモデルのお仕事だけでなく、ゴルフにも活きているので、一挙両得です。

 とはいえ、年間に70回もラウンドするので、女性の天敵である日焼け対策は欠かしていません。日焼け止めは必ず2度は塗り直します。さらに、晴れていれば冬でもUVカットの日傘を差します。グローブは両手にして、半袖のときはアンダーウェアを着ますし、普段は靴下でなくタイツをはいて肌は極力出しません。日焼けするとしたら、手首の狭いゾーンと、髪を結ったときの首の後ろですが、これくらいだとファンデーションでカバーできるんです。

 将来の理想像は、上手になることはもちろん、マナーや振る舞いがしっかりしたゴルファーになることです。特に、周りに気配りできるゴルファーは素敵だと思います。カートのリモコン係とかを買って出るエチケットリーダーを目指したいですね。

写真:干川修

撮影協力:サンクチュアリ六本木店

衣装協力:ワンピース〈黄色〉(CALLAWAY APPAREL)、サンバイザー・シャツ(MARK&RONA)、スカート(KISS ON THE GREEN)、ワンピース〈紺色〉(efficace)


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー