My Selection

2014.03.14


永井大「自称“佐伯プロのメンタルコーチ”です!」

使用クラブをタイトリストに変更
憧れの契約プロ気分も味わいました

  学生時代に始めたときは、39,800円くらいでキャロウェイのフルセットの中古を買いました。その後、26歳のときに同い年の谷原秀人プロと仲よくなり、当時谷原プロが契約していたブリヂストンスポーツのセットを「俺がチョィスして送るよ」ってプレゼントしていただきました。また、同じ事務所の堺正章さんにプロギアの方を紹介していただき、プロギアのクラブもけっこう長く愛用させてもらいました。

永井大 現在のセットはタイトリストです。以前から、タイトリストのアスリートっぽいイメージに憧れていたのですが、タイトリストの方に、「ウチは芸能人の方でも、フルセットで提供というのはないんですが、永井さんは身長やスタイルがタイトリストのイメージにピッタリなので特別です」って言っていただいて(笑)。プロギアの方に、「すみません。タイトリストに行くことになりました」とご挨拶したら、「長年の恋人と別れるような気分です」なんて惜しんでくださったので、契約先を移るプロの気分もちょっぴり味わいました(笑)。

 アイアンは「AP2 714」です。シャフトはダイナミックゴールド・ツアーイシューS200。僕としては簡単に飛ばせるモデルがよかったので、ややヘッドが大きいAP1を希望したんですが、「永井さんなら体格的にもAP2でしょう」と、ヘッドが小ぶりでスイートスポットの狭いAP2で組んでいただきました。本当は簡単な方がよかったんですが……(笑)。

 ドライバーは「913D2」の9.5°です。シャフトはツアーADのBB7S。ドライバー、アイアンとも、こだわったのはシャフト硬度です。両方ともSなんですが、周りの先輩からは、S200って何だよ。お前はX100使わないとダメだろ」って言われています。でも、そんなこと関係ない。僕はもう素人の意見は聞かない」って決めたんで(笑)。

こだわりはドライバーの飛距離
でもやさしいゴルフにもこだわりたい

 石川遼くんと考え方が似ていて、とにかくドライバーは飛ばしにこだわりたい。ここはドライバーを持たなくてもいいというホールでも、ドライバーを握ってしまうタイプです。スコアどうこうよりも、ドライバーの飛びにこだわりたいんです。でも、ドライバーがいい日は、スコアもいいんです。よくも悪くもドライバー次第というのが僕のゴルフなのかもしれません。

 最近は、いかにゴルフを簡単にするかということを考えています。一度、藤田寛之プロと番組でご一緒させていただいたんですが、拝見すると藤田さんのクラブは普通にSなんです。「プロの方でもSなんですか?」って驚きました。藤田さんは、「それが素人の意見(笑)。いかに簡単なクラブを使うかが大事なんです。簡単なクラブでいかにスコアを出すか。アマチュアの人に限って、使いこなせないハイスペッククラブにこだわるんだよね」って。賞金王の言葉が僕の目を開いてくれました。

 それをきっかけに、実はセッティングを変えたんです。4Iで、ちょうど195ヤードくらいを打っていたんですが、やはり難しいのも事実。無駄に入れていてもしょうがないんで、いさぎよくバッグから抜きました。今は195ヤードのパー3とかで、一緒に回っているみんなが4Iを握っても、僕はUTを使います、平然と(笑)。ロングアイアンもそうですし、Xシャフトもそう。もうハイスペックへのこだわりはありません。簡単なクラブを使って、気持ちよく飛ばすゴルフで上を目指したいと思います。

 
写真:三木崇徳
 
撮影協力:ブリヂストンゴルフプラザ 広尾
 
スタイリスト:堂園礼子
 
衣装協力:
ジャケット¥42,000、カットソー¥6,600、パンツ¥13,000(GUILD PRIME)
スニーカー¥33,000(LOVELESS)
(すべてGUILD PRIME渋谷 Tel 03-6419-3091)


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事


運営会社 | プライバシーポリシー