My Selection

2012.12.17


人生最初の一打は、ライン川に消えていきました

遼くんの米ツアー成功のためには
家庭を作ると良いかもしれない

ツアー観戦も、ゴルフの楽しみのひとつです。今年はベテランの藤田選手が強かったけれど、アマチュアの松山くんの成長ぶりにも注目していました。やっぱりスポーツ競技は、元気のいい若手の存在で盛り上がりますからね。

あとは遼くん。彼のことはいつも気になっています。今年は長らく勝てずに苦しんでいましたけれど、辛い時期こそ、プレーヤーを育てるんです。この経験が、やがて糧になることでしょう。

僕は25歳でドイツに渡りましたが、遼くんは来年、米ツアーに本格参戦するようですね。海外で成功するにはコミュニケーションが大事だけれど、彼は英語ができるし、社交性もあるから、その点では問題ないでしょう。

もうひとつ大切なのは、効果的なリフレッシュです。環境が異なるストレスっていうのは想像以上に大きいから、どこかで息抜きをしないとジワジワ影響が出てくる。そういう意味では、早く結婚して、家庭でリフレッシュできるようにしたほうがいいんじゃないかな(笑)。プレーにも専念できるからね。

『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご』(石川勝美:著 ゴルフダイジェスト社)には、そんな遼くんがお父さんと二人三脚で成長してきた過程が描かれています。僕自身は、どちらかというと好きな事をやらせてもらって育ったのですが、共通しているところは周囲に応援されて、認められて成長してきたところ。注目されたり応援してもらったりというのは、「もっと頑張ろう」という向上心につながるんですよね。この本を読むと、そんなふうに自分の少年時代を思い出します。

ゴルフって、向上心があるほど
のめり込むスポーツだと思います

いまのゴルフの悩みは、50~60ヤードの距離感です。ショートアイアンが苦手で、こういう中途半端な距離が残ると、不安でチョロったり、シャンクしたりしちゃう。どうせなら100ヤード残ったほうが、PWでフルスウィングできて安心なんですけれどね。

なぜか、パットも短い距離の調子が悪いんです。ロングパットは問題ないんだけれど、ショートパットだと手が動かなくて、ひっかけたりしてしまう。一度、長尺も試してみたんですけれど、なかなか馴染めなくて、いまは普通のパターを使っています。

もうひとつ、ゴルフで難しいのは、他人のショットに影響されてしまうことですね。サッカーだと、下手な蹴り方を見てもまったく関係ないんですけれど、ゴルフでシャンクしている人を見ると、自分もシャンクしちゃったりする(笑)。

でも、僕にとってのゴルフの楽しさっていうのは、そういう“難しさ”なんじゃないかなと思うんです。ティショットが成功しても、アイアンで右に曲げたり、パットでショートしちゃったりと、なかなか思い通りにいかない。だけれど、ヘタな自分を再確認することで「もっと上達したい」という前向きな気持ちが生まれてくる。その過程に楽しさがあるんですよね。ゴルフっていうのは、向上心があるほどハマるスポーツだと思うんですけれど、最初のラウンドで思い通りにいかなかったのが、僕がこれほどのめり込んだ理由でしょうね。

何度ラウンドしても、終わりのないチャレンジをしているような奥の深さが、ゴルフの魅力。今後は一打一打を大事にして、この“難しさ”をより楽しんでいきたいと思います。

撮影協力: 横浜オーガスタ

 

 

『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご』『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご』
石川勝美・著
2007年、史上最年少の15歳でプロツアー競技に優勝、その後も活躍し続ける石川遼は、どのようにして育ったのか? その生い立ちを父・勝美氏が振り返る。父の子に対する思い、子の親に対する信頼など、親子で育んだ絆の強さが、読む人の心を揺さぶる。誕生から現在まで、遼くんの秘蔵写真も満載。


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー