My Selection

2012.10.15


カップという“ゴール”があるから、パターを握ると集中力が高まります

ダラダラ練習では駄目というのは
ゴルフもサッカーも一緒ですね

コースに出るのは大好きなんですが、実は練習があまり好きじゃありません。サッカーが屋外スポーツのせいか、ゴルフコースの解放感が好きで、練習が嫌いというよりは、練習場の狭い感じが好きになれないんですね。

福田正博さん だから『練習嫌いはゴルフがうまい!』(佐久間馨:著、ゴルフダイジェスト刊)は、タイトルを見て「えっ? じゃあ俺ってゴルフ上手くなるかな」って思いました(笑)。もちろん、「練習しなくていい」っていう本ではなかったのですが、「効率的な練習をしよう」「無駄な練習は時間の浪費」「頭を使わない練習では上達しない」という佐久間さんの主張には強く共感できました。サッカーも一緒で、ダラダラ練習しても、集中してなかったら、疲れるだけで下手を固めるだけ。優秀な指導者は、「練習するな」って言う。これって本当に勇気が必要で、指導者が本当に自信を持っていないと言えないことなんです。僕も効率的な練習を考えて、上達しないといけませんね。

コーチとしても、ゴルフが参考になったことがあります。時々、僕もスウィングのアドイスをもらうんですが、僕の理解度が低いせいだったり、教えてくれる方によって表現や言い回しが違ったりして、なかなか難しい。何度も開眼して、何度もダメになる。やはり、アドバイスする相手をよく見て、理解して、レベルに合わせたアドバイスするということが大事だと、ゴルフから学びました。

“ルーティーン”で
ゴルフも上達を狙います!

サッカーとゴルフの共通点を探すと、僕が現役時代に得意にしていたPKはゴルフのショットに似ているかもしれません。動きが止まっている所や、決めなくてはいけないという緊張感や観客の視線が集中する中で、いつも通りの動きをするためのメンタル的な作業が同じなんです。僕は性格的にミスを引きずるタイプで、トップアスリートとしては、気持ちの切り換えがかなり遅いほうだったと思います。これが早くできれば、もっといい選手になれていたかなって思うほど。

福田正博さん だから僕は、PKでボールを置く所から、必ず同じ動作、同じタイミングを心がけて、決め事にしていたんです。これって、ゴルフでいうルーティーンと一緒ですよね。さらに、蹴る方向も最初から決めて、だいたい8割は右上を狙いました。それで止められたら、キーパーが上手かったんだって割り切ってしまう。引きずらないための、自分なりの約束事です。

ただ、ゴルフのミスは切り替えられないなぁ(笑)。OBだと別ですが、それ以外はミスしたボールを打たなくちゃいけないので、引きずってしまいますね。それって、原因はゴルフではルーティーンができていないってことだと思うんです。だから次のラウンドでは、『練習嫌い』の教えと、PKのルーティーンをイメージして、ベストスコア更新を狙います!

撮影協力: FURATTO GINZA9
http://furatto.jp/ginza9/

 

 

『練習ぎらいはゴルフがうまい!』『練習ぎらいはゴルフがうまい!』
佐久間馨・著
「ゴルフがうまくなれないのは練習するからだ」! プラスハンディが編み出した考え方とスウィング上達法。


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー