My Selection

2011.05.16


出産・育児のブランクがあっても やっぱりゴルフはやめられない

周囲への感謝の気持ちを
忘れない遼くんのような子に

千野志麻さん 大好きなプロは石川遼くん。ウチの子もああいう子に育ってほしいというか、石川遼くんになってもらいたいぐらい、遼くん、いいですよね! 話す職業をしている私の目から見ても、遼くんのコメントの素晴らしさには毎回感心します。「この質問に、こう答えるか!」と、密かに勉強させてもらっている感じ。プレーも素晴らしいですが、誠実な受け答えや、周囲への感謝を忘れない気遣い、プロ意識の高さのほうにより魅かれます。ご両親にどんな風に育てられたのかなと、興味津々で読んだのが『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご~』(石川勝美:著/ゴルフダイジェスト社刊)です。

私も、もうすぐ3歳になる双子の男の子と1歳の女の子の3児のママ。たとえば子供の送り迎えがあると、たったそれだけで、1日のスケジュールにかなり影響がある。私ももちろん子供中心で頑張っているつもりですが、ついつい自分優先にしたいなと思うことも。だから遼くんのお父さんは本当にスゴイ! 学校が終わる時間に合わせて練習場に毎日送り迎えをしたり、コースまで送って遼くんだけにプレーさせてあげたり、ゴルフの環境作りに、手抜きがないんです。遼くんにかける情熱がケタ違い!やっぱり、そこまでしないと“石川遼”は育たないのね~と感じました。そんなご両親の情熱の下、育った遼くん自身も、小さい頃から違うなと思います。子どもなのに「言えるんだ、こういうこと」という遼くんの言葉が随所にあって、ますます遼くんファンになってしまいました。

子どもの可能性は無限!
うちの子にもそろそろゴルフを

「ヨコミネ式」はTVでもたくさん取り上げられたので興味はありました。でも、これまで詳しく調べたことはなかったんです。来年、上の子たちが幼稚園に入る歳なので、もうちょっと詳しく知りたいなと『天才は10歳までにつくられる』(横峯吉文:著/ゴルフダイジェスト社)を手にとりました。今までの子育て論とは違い、やっていることが斬新で、幼稚園の子供がこんなことも、あんなこともできるの? と驚きっぱなし。

特に逆立ち歩きできるのが、信じられませんでした。でも、自分の子供を見ていても思いますが、子供は日々いろんなことができるようになっていく。そのスピードには、無限の可能性を感じますね。

この本を読んで改めて、ゴルフも早く始めた方がいいと思いました。そういえば以前、深堀圭一郎プロに「幾つから始められたんですか?」とお伺いしたら、「3歳から振ってました」と。ゴルフが大好きでシングルプレーヤーである主人とも「そろそろクラブ買おうか?」と話しています。

子供たちがゴルフを始めた時に負けないように、私もさらに腕を磨いておきたいですね。女性は育児があるからゴルフどころじゃないという状況や、周りの目もありますけど、子供がいてもチャンスがあったら躊躇せずにゴルフをしようって思い続けることが大事だと思うんです。今はラウンドのときに、子供を預かってもらえるシステムが増えていると聞きます。リゾートゴルフだったらスルーで回れて、家族でゆっくりと過ごすこともできます。ママだけでなく、家族みんながリラックスして楽しい時間を過ごせるのが、一番の幸せ。我が家にも早くそんな日がくるといいな。

とおとうみ浜松オープン

撮影協力:ヒルズゴルフアカデミー 虎ノ門
http://hillsgolfacademy.com/

 

 

『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご~』『天才は10歳までにつくられる』『バーディは気持ち~遼くんが育ったゴルフのゆりかご~』
石川勝美・著
2007年、史上最年少の15歳でプロツアー競技に優勝し、第一線で活躍する石川遼プロは、どのようにして育ったのかを父・勝美氏が振り返る。誕生からプロ転向まで、遼くんの秘蔵写真も満載。
『天才は10歳までにつくられる』
横峯吉文・著
横峯さくらプロの伯父であり鹿児島県の保育園理事長でもある著者が、「学ぶ力」「体の力」を育てる「ヨコミネ式」教育法を紹介している。


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

辻よしなりさん(マイセレクション) - 「仕事もゴルフも『本番5秒前!』の緊張感がたまらない!」
宮﨑宣子さん(マイセレクション) - 「最近、練習場で4時間打ち込みました!」
脊山麻理子さん(マイセレクション) - 「ゴルフも仕事も"見られて燃える"タイプです!」

運営会社 | プライバシーポリシー