My Selection

2010.03.15


オーバースウィングなのはさくらパパに教わったから!?

最近男らしくなった遼くんに注目!
あの「ガッツポーズ」に胸キュン!?

磯山さやか 気になる選手はやっぱり石川遼くんです。最初は、「カワイイ!」とミーハー的な見方でしたが、若いのにすごくしっかりしているし、インタビューやファンサービスも丁寧で、そういう人間性に惚れました。

遼くんのファッションにも興味があります。何と言っても色使いがいいですよね。明るい色が多いので、とにかく目を引きます。最近の遼くんは、髪型も変わって、ワイルドさを感じますよね。世の男性たちにも、ぜひコースでは赤やピンクや水色など、華やかな色を着て欲しいな。絶対、他の男性より一歩リードできますよ(笑)。

プレー面での魅力は、すべてにおいて挑戦するというところ。「安全に刻む」ということをせず、林越えや池越えにも果敢にチャレンジしますよね。男らしいなぁ。不安もあるはずなのに、絶対にそういう部分を見せないし、弱音も吐かない。

私の場合、仕事で新しいことに挑戦するときは、「石橋を叩いて……」というタイプ。迷いや恐れを見せずに突き進む遼くんを尊敬しちゃいます。あの、下から突き上げるガッツポーズもたまりません。

私も一度だけチップインバーディをとったことがあるのですが、そのときはもちろん、遼くんのガッツポーズを真似しました。ものすごく気持ちよかったですよ。

遼くんの「ゴルフ日記」でわかった
強さの本当の理由

磯山さやか 昨年のマスターズ出場が決まった頃に発売された『石川遼のゴルフ上達日記』(ゴルフダイジェスト社刊)は、書店で見つけて即購入しました。遼くんの生い立ちを知ることができましたし、遼くんのスウィングのヒントが詳しく載っていて、すごく参考になりました。

私がピンときたのは、『そうだ、王さんのあれで直そう!』の回。小学生の遼くんがドライバーのスランプに陥ったとき、王選手の一本足打法をヒントに軸のブレを直して、調子が戻るというエピソードが紹介されています。

私はスウェイする癖があるのですが、悩みが同じで「えっ、遼くんも軸で悩んでいたんだ」と、ちょっと親近感を感じちゃいました。

本を読んでいくと、「軸は野球のバッティングでいいんだ」とか、「そうか、イメージはイチローの振り子打法じゃなくて、王さんの一本足打法なのか」と納得! ここでも「野球用語」が私にとってすごくいいイメージトレーニングになりました。

子供の頃から、ジャンルを問わずいろいろな選手を観察している、遼くんにも感心! 選手のプレーやスウィングをしっかり見て、取捨選択し、しっかり自分のものにしていますよね。この辺りにも、遼くんがどんどん強くなっていく秘密があるのかなと思っています。

<撮影協力>
SHIROKANE CLUB
http://shirokaneclub.com/

<衣装協力>
Barbie golf by PEARLY GATES
Tel 03-5467-1910
ポロシャツ 8,190円
スカート 11,550円
バイザー 5,040円

「石川遼のゴルフ上達日記」「石川遼のゴルフ上達日記」
石川遼・原案/政岡としや・画
石川遼が12歳から綴っている「ゴルフ日記」や数々のインタビューなどを収録。日ごろ行っている練習法やゴルフに対する考え方をコミックで表現している。


前ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー