My Selection

2010.02.15


いつも論理的に考えるボクですが、ゴルフでは冒険しちゃうんです!

 緻密な取材と鋭い観察眼に裏付けられた論理的な解説で、野球界を盛り上げる栗山英樹さん。取材や講演などで、国内外を駆け巡る多忙な日々のなか、「ゴルフはリラックスできる大切なひとときです」と話す。今回は、ゴルフの思い出やゴルフに対する思い、そして最近読んで感銘を受けたというゴルフの本についてお話しを伺った。

小学5年の初ラウンドで見事100切り
ゴルフの天才を自負していました!

栗山英樹 ゴルフを始めたのは早いんです。父がゴルフ好きだったので、よく練習場について行ったりしていて、小学5年生のときにコースデビューしました。初めてのラウンドにも関わらず、スコアはなんと98! 親子でとても喜んだ覚えがあります。少年野球はもちろん、いろいろなスポーツをしていましたが、一番自分に向いているのはゴルフだと思いましたよ。「僕って天才かな?」なんて。

中学・高校時代は野球漬け、大学でも野球部に所属していました。ですから、ゴルフにハマっていったのはプロ入り後、レギュラーに定着した3年目からです。入団当初は、実質的にゴルフは禁止だったんですよ。スワローズの野手のリーダーだった若松勉さんが「ゴルフをすると野球は下手になる!」という持論をお持ちの方だったので。今では若松さんも禁止なんて言わないでしょうけど(笑)。

現役引退後は、月2回くらいのペースで、1年に20~30回はラウンドしていました。最近はWBCなどの関係で取材がほぼ一年に渡ってしまうので、月イチのラウンドがやっとです。原辰徳監督にお会いすると、「忙しいからゴルフができないなんて言うな!」って怒られます……。原さんって、本当にゴルフが大好きなんですよ!

林の中からでもグリーン狙い
それが男のゴルフでしょ(笑)

ゴルフについてよく話す友人は、同級生のカズ(白井一幸、元プロ野球選手・日本ハム~オリックス)とウシ(牛島和彦、元プロ野球選手・中日~千葉ロッテ)の二人。カズは野球のバッティング理論とゴルフのスウィングを体系化していて、すごい理論家。ウシのゴルフスタイルも緻密で真剣。僕は二人と反対で、独自のゴルフ理論とか無いんです。正直、考えたことさえもない!

僕だって、野球をはじめ物事すべてを論理的に考えるタイプなんです。でも、いつも論理的にやってるんだから、息抜きのゴルフだけは好きにやりたい! って思っちゃう。だから、林の中やラフから直接グリーンを狙おうと構えていると、ウシに「何で、そんな無理するんだ!」って指摘されるんです。でも、「例え3%の可能性でも、それに賭けるのが男だろ!!」とか言って、果敢に挑むんですが、結局いつも大叩きしちゃう……。

ゴルフだけは気持ちに遊びを残しておきたい、だから冒険しちゃう。これって言い訳かな? 現役時代、野村監督から「言い訳は進歩の敵や」って散々言われてたんですけどね……(笑)。


次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事


運営会社 | プライバシーポリシー