My Selection

2010.01.15


ジュニア時代は沖縄で宮里兄弟と競っていました

 ヒップホップダンスボーカルユニット『DA PUMP』のリーダー兼ボーカルとして人気を誇るISSAさんは、ジュニア競技への出場経験もある本格派ゴルファー。先輩たちとの親交に役立てようと芸能界入り後に再開したゴルフが、今は面白くてたまらないと言う。ギアやウェアにも熱いこだわりを持つISSAさんのゴルフライフと、上達のヒントを得たというレッスン書についてお話してもらった。

沖縄ジュニア大会仕込みの本格派
「将来はシニアプロを目指そうかな(笑)」

ISSAさん
ゴルフを始めたのは、正確な記憶がないくらい小さな頃。沖縄で、父が通う打ちっ放しの練習場や米軍基地内のコースについて行っていました。小学4年生の頃からジュニアの大会に出場しましたが、年齢が近い宮里兄弟(聖志・優作)ともよく一緒になりました。当時の僕のスコアは80前後でしたが、二人ともジュニア時代から別格で、僕よりはるかに上手かったなぁ。

最近では、プロアマで一緒に回ることがありますが、ジュニア時代に一緒に競った仲間なので、懐かしいですね。当時の話で盛り上がったりして、楽しくラウンドしています。思えば、小学生からですから長い付き合いですね。

中学に入る頃から、ゴルフとはちょっと縁遠くなってしまいました。再開したのは、この仕事を始めてから。一昨年は週3回ペースでラウンドしていましたが、ケガをしてから少し減って、最近は月1~2回程度でコースに行っています。

実は、子供の頃は「ゴルフが楽しい」と感じられなかったのですが、今はゴルフが最高に楽しい! 自分のカラダが丈夫な限り、何歳になってもできますし、年上の方とも仲良くなれるスポーツだと思うんです。「ゴルフをしている」というだけで一歩近づける。

それに、全部自分の責任というのもストイック。プレー以外の面でもゴルフは奥が深いので、夢を持って付き合えるのが魅力ですね。将来は、シニアプロを目指しますよ! ウソです(笑)。

ウェアをもっとおしゃれに楽しんで
ダンス界にゴルフブーム起こしたい!

ISSAさん 僕の周りの同世代に、ゴルフをやる人間が少ないんです。ダンス仲間も「ゴルフなんてオヤジ臭い」と言っていて……。確かに「ゴルフウェア=オヤジ」というイメージがありますからね。昔に比べれば、最近のウェアはおしゃれになってきたと言われていますけど、僕に言わせれば、まだまだ(笑)。もっとデザイン面で頑張ってほしい! でもいつか自分自身で、ウェアのデザインも手がけてみたいなぁ。

僕自身のゴルフウェアのこだわりは、いろいろなメーカーを混ぜて着ないこと。クラブとキャディバッグがテーラーメイドなので、ウェアはアディダスで揃えています。でも、ジャケット着用のコースへ行くときは、ニッカーボッカーでキメた「舘ひろしさんスタイル」をやってみることもあります。ドレスコードを守りつつ、自分なりのオシャレを楽しむのもゴルフの醍醐味ですよね。

ゴルフには、プレーはもちろん、道具やファッションなど愉しめる要素がたくさんある。だからいろいろな人に声を掛け、誘い続けていたら、最近ゴルフにハマる仲間が増えてきました。『DA PAMP』のメンバーにも、ゴルフ好きが二人います。だからまずは『DA PAMP』内にゴルフブーム起こし、ダンス界にもゴルフを流行らせたい! 「オヤジ臭い」なんて言わないで、まずはやってみて欲しいですね。絶対ハマりますから……。


次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー