My Selection

2009.12.15


朝イチショットの緊張感が大好き!

 舞台や映画、テレビなどでマルチな活躍をみせる、モデル出身の女優・原史奈さん。夫でスポーツジャーナリストの中西哲生さんと共に、ほぼ毎週ラウンドするくらい、ゴルフに夢中だという。
そんな原さんが、ご主人から「これは読んだ方がいいよ」と薦められたゴルフ書は、女性にはちょっと難しそうな「理系ゴルフ」の本。しかし、何度も読み返していくうちに、スウィングのポイントがわかってきたそうだ。

コーチは元Jリーガーにプロゴルファー!?
理想的環境でグングン上達!

原史奈 クラブは持っているのに、ラウンドの機会がないという方って意外に多いようですが、実は私もその中の一人でした。でも、たまたま映画でプロゴルファーを目指す女の子の役をいただいて、それをきっかけに練習するようになったんです。

打ったボールはCG加工できますが、スウィングは無理。だから綺麗なスウィングを身につけるために、ボールを打つのではなく、スウィングの練習ばかりしていました(笑)。たまにボールを打たせてもらっても、なかなか上手く当たらないのですが、当たったときはすごく気持ちいいし、楽しい! それなら本格的に始めようと思っていたときに、当時お付き合いしていた主人から「ゴルフやらない?」と誘われたんです。ちょうどいいタイミングでした。

今は、ほとんど主人と一緒にラウンドします。でも、主人は厳しいコーチ(笑)。「顔が上がるのが早い」とか、一打ごとに注意されてしまうんです。でも、そのお陰で結構早く上達しました。

主人以外でよく教えてもらうのが、家族ぐるみで仲良くしている近藤共弘プロです。近藤プロからは、私がオーバースウィングだったので、そんなにテークバックを振り上げないで、左に振っていくことだけ意識するようにとアドバイスをもらいました。

もう一つは左足下がりでの打ち方。クラブは短く握って、少し左を向いて、ボールはいつもより右寄りにと……。左足下がりは難しいと言いますが、私の場合、左足下がりは得意ショットです!

「『今日は100も叩いちゃった!』
と言えるようになりたいです」

2009年は、ほぼ毎週ラウンドしましたね。春に初めて100を切り、ベストスコアが99になりました。

最後のパットは、残り60センチくらい。いつもならラクに入る距離ですが、「これで2ケタか3ケタかが決まる~!」とものすごいプレッシャーを感じてしまいました。無事入れたので、ホッとしましたが……。

でもこのプレッシャー、私、結構好きなんです!よく朝イチのティショットは緊張すると言いますが、もちろん緊張はしますけど、それが楽しいんですよね。やり直しがきかないという緊張感が心地よくて、きっと私の仕事とゴルフって、そういう部分で似ているのかもしれませんね。緊張の中で上手く出来たら嬉しいし、達成感も味わえますから……。

ゴルフでの目標は、常に90台で回ること。たまに100を叩いちゃったときに、「今日は100も打っちゃった!」と言えるようになりたいです(笑)。

それには、アプローチやバンカーなどのショートゲームをもっと練習しなければいけないと思うのですが、なかなか練習場に行く時間がなくて……。主人は本当に練習好きで、自宅でも私が呆れるくらい毎日練習しているのですが、私はたまにパッティングの練習をする程度。「厳しいコーチ」からまた注意されそうです(笑)。


次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事


CONTACT US | PRIVACY POLICY