名手・達人の言葉

2001.11.01

リー・トレビノ語録、名言集

リー・トレビノ。米国・テキサス州生まれ。メキシコ系アメリカ人の象徴的存在である彼は、メジャーは全米オープン、全米プロ、全英オープンを各2勝ずつで計6勝を挙げた。ここでは、リー・トレビノの言葉を紹介しています。

  1. パットでのグッド・フィーリングはすぐ逃げちまう。だから、パターにだけは毎日触るんだ。
  2. 人生には、いくら頑張ろうが長続きしないものがある。車のあとを追う犬と、パーを狙いアプローチをするゴルファーだ。
  3. OBとロストボールは天使の取り分さ
  4. ジャー・チャンピオンコースなら、ラフを絶対つくるべきだ。
  5. ゴルフはラブ・アフェアみたいなもの。とことん真剣にならなければ、おもしろくない。そして本気で真剣になれば、心は千千乱れ、かきむしられる。
  6. 今度、雷が鳴りはじめたら頭のてっぺんに1番アイアンを立てておくよ。
  7. パッティングでは、ボールにキスしてる時間を長くしなくてはダメなのさ。
  8. ニクラスにはパット。俺には飛距離。ゴルフの神様は誰にだって必ずひとつは欠点を与えるものだが、セベだけは例外だぜ。
こちらの名言集もよく見られています
ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー