名手・達人の言葉

2014.08.26

ロバート・ハンター

ハンターはよほど、スコットランドのリンクスに感銘を受けたに違いない。著書『ザ・リンクス』はどこを切り取っても哲学的示唆に満ちみちている。

表題の「言葉」もそうだ。コース設計の鉄則として「同じようなホールを2つ造ってはならない」というのがある。

この変化とは複雑で難しくするということでは、決してない。ティグラウンドに立てばサンデーゴルファーもスクラッチプレーヤーも、そのつど新たな挑戦欲をかきたてられるコースのことをいう。

リンクスは人工の手が入らず、巧まずしてそのようなスピリットを感じさせるから偉大なのである。

■ロバート・ハンター(1874~1942年)
アメリカのコース設計家。スコットランドのリンクス・ランドを巡歴して綴った『ザ・リンクス』はコース設計家の哲学をあますところなく伝えて、畢生の名著として名高い。どこを切り取っても「名言・至言」になるといわれる。

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー