名手・達人の言葉

2013.12.25

あのチップインは50回に1回の確率でしたね。

2013年の掉尾(とうび)を飾る日本シリーズで、念願のツアー優勝を果たした優作の勝利者インタビューでの「言葉」。

アマ時代、タイトルを総ナメにして、鳴り物入りでプロ入りした優作だったが、季節は10年を過ぎていた。それまで最終組で15度まわり、最終日に大崩れするのがパターン。

この16度目の最終組でも1番からピンチ。ギャラリーからも「やっぱり……」の溜息も。しかし踏ん張って最終ホール、名物のパー3。1打目左側に外し、2打目トップ、またもや勝利が手からこぼれる砂のように……。

そして3打目、ピンまで10ヤードのロブショットがカップイン! 腰が抜けた優作、泣きじゃくりながらいっとき立てなかった。

比較するのもおこがましいが、1978年のマスターズ、黒豹・ゲーリー・プレーヤーは、最終日最終ホールの下り20メートルを入れて、ミラクル逆転勝利劇。

このパット、プレーヤーはその後、20回打ってみたが1度も入らなかった。

ゴルフの神様は確率を超えて、選手たちを弄(もてあそ)ぶ。
 
【プロフィール】
■宮里優作
(みやざと・ゆうさく 1980年~)
沖縄生まれ。宮里3兄妹(兄・聖志、妹・藍)の次男。東北福祉大時代はアマタイトルを総ナメ。プロ入りも大型契約で話題になり、すぐに勝つだろうとの予測を裏切り続けた。過去、最終日最終組で15回まわりながら大崩れして、メンタルに弱いというレッテルが張られた。プロ入り11年目の13年、ぎりぎりの出場資格で出た日本シリーズで念願の初優勝を果たした。

ゴルファー別名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

宮里優作 関連記事
「真ん中のお兄ちゃん」 - WEBギャラリー
アルバトロスの確率は? - 宮里優作は2009年にアルバトロスを達成。
赤いウェアのプレーヤーの優勝回数は? - 赤系ウェアで念願の初優勝!
[動画]宮里優作参上!ツアーステージ新クラブ試打会 (2012年3月)

運営会社 | プライバシーポリシー