名手・達人の言葉

2013.01.09

私のコース設計理念は3つ。第1はパワーより正確さを競うべき。第2は筋肉より頭脳を使うべき。最後の3つ目は自然を可能な限り損なわないことだ。――ジャック・ニクラス

帝王・ニクラスは現役時代からコース設計に手を染め、自分がオーナーであるミュアフィールド・ビレッジGCは都市空間設計家のデズモンド・ミュアヘッドと組んで完成させた。以来、世界中の大地に表題の理念を刻み続けていて、この世界でも帝王と呼ぶべき実績を残してきた。

前2つの理念は、全米オープンが開催されるコースセッティングが前提にあるのだろう。最後の1つはスコットランドのリンクス。神が造りたもうたコースは、ほぼ人の手が入っていない。これを理想としていて、あるところでは「ロケーションがいちばん大事」といったこともある。

この二クラスの設計理念を味わいたければ、ニューセントアンドリュースGC(栃木県)か、北海道クラシックGCでプレーするといいだろう。

 

■ ジャック・ニクラス(1940年~)
米国・オハイオ州生まれ。10歳でゴルフを覚え、12歳から5年連続で州ジュニア選手権に優勝し、神童と呼ばれる。その後全米アマを2度制し、61年にプロ入りした。その翌年、全米オープンに優勝するが、当時のヒーロー、A・パーマーを破っての勝利と太めの体格のためか、敵役となる。その後巨漢からスリムへ、GIカットから長髪へイメージチェンジを果たし、帝王と呼ばれるようになる。ツアー73勝、シニア他32勝。なかでも4大メジャー18勝は未だ破られず、4大メジャーでの2位も19回と圧倒的。グランドスラマーであり、殿堂入りも果たした、20世紀最高のゴルファーである。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

ジャック・ニクラスの名言集 - ジャック・ニクラスの名言・格言を集めました。

運営会社 | プライバシーポリシー