名手・達人の言葉

2012.02.22

スコアが悪く、他のゴルファーに負けてもゴルフはあなたを祝福してくれる。スコアは究極の真髄ではないのだ。――トミー・アーマー
シルバー・スコット(いぶし銀のスコットランド人)と異名のあったアーマーは理知的であった。

ゴルフを単なるゲームとしてでなく、人格形成の競技として哲学的示唆に富む「言葉」を多く遺している。

表題の「言葉」もその一つ。もちろんスコアは大事。自分は他のゴルファーよりも上手いということが分かれば満足感を得るだろうから……と、アーマーはいう。しかし、ゴルフにはスコア至上主義のゴルファーには、見えにくい側面もあるのだとも……。

つまり逆にいえば、ダッファーにもゴルフの真髄が理解できれば、スコア以外の価値が見えてくると言っているのだ。

理知的なアーマーはスコア以外の用具・クラブにも深い造詣をもっていて、多くの“名器”も製作している。

 

■トミー・アーマー
1895~1968年。スコットランドのエジンバラ生まれ。高校時代から才能を発揮し、18戦17勝の記録が残っている。20年フランスアマに優勝。24年米国でプロ転向。27年全米オープン、30年全米プロ、31年全英オープンを獲り、シルバー・スコット(いぶし銀のスコットランド人)と呼ばれた。アマ時代に英米アマ対抗戦ウォーカーカップの英国代表、プロではライダーカップの米国代表に選ばれるという偉業もなしとげた。頭脳明晰でクラブ設計、製作にも情熱をそそぎ、ニックネームの「シルバースコット」の名で売り出され、伝説的名器として今に残っている。

 

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー