名手・達人の言葉

2008.01.15

人生の最後に、いちばん大事なのは、どれだけの財産を得たか、ではない。何人のゴルフ仲間を得たかである。 ボビー・ジョーンズ

 またもや球聖の登場である。

 人は人生の最後にどう思うのだろうか?

 ジョーンズはゴルフ史上不滅の記録を残した。しかし、そのことより晩年ゴルフ友達と過ごした日々が価値があると、ジョーンズは述懐したのである。

 唐突だが、一介の、今で言う“パシリ”から天下を取った豊臣秀吉は、辞世の句でこう詠んでいる。

 霧と落ち霧と消えにし我が身かななにわのことは夢のまた夢

 人生の最後においては、過去の偉業などは白紙化してしまうことのようである。そこで今、いちばん大事なのは何かということであろう。

 この「言葉」どおり、ジョーンズは晩年、故郷アトランタで、何人かの友人と親交を深めるゴルフに興じて、人生の幕を下ろした。

 仲間に囲まれて過ごす。その延長線上に現在のマスターズがある。

 故郷にゴルフコースをつくり、友達を招いてゴルフをしようというのが、始まりだったのだから。

 そのことを発案し、レールを敷いたのもゴルフ仲間であり、こんなに多くの「言葉」が残っているのも、仲間の一人O・B・キーラーが伝記として著作してくれていたからである。

 
■ボビー・ジョーンズ
(1902~71年)
米国ジョージア州アトランタ生まれ。父親がゴルファーで生家も庭がゴルフ場続きでもあり、5歳で自然にクラブを握る。14歳で全米アマに出場。その後、数々の選手権に優勝。特に1930年には世界の4大タイトル、全米、全英両オープン、両アマに優勝、年間グランドスラムを達成。この記録はいまだに破られていない。全英オープンに勝ち、祖国に凱旋した時は国民的英雄となった。これを契機にアマのまま引退。故郷アトランタに戻り弁護士活動のかたわら、オーガスタナショナルGCを設立、マスターズ・トーナメントを主宰。4大メジャーの一角を担っている。不世出の球聖として歴史にその名を刻む。

ゴルフ名言集へ ≫≪ ゴルフコラムTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社 | プライバシーポリシー